スポンサーサイト

2017.12.25 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    岩倉真彩の出演情報

    2017.09.19 Tuesday

    0

      9月27日から岩倉真彩出演舞台が下北沢で始まります!

       

       

      轟β一座旗揚げ公演
      妄想ドルギャンバア歌劇
      「キャバレバー」
      2017年9月27日(水)〜10月1日(日)
      下北沢OFF・OFFシアター

       

      <あらすじ>
      新宿のハズレもしかしたらパリかNYかロンドンあたりにある。
      妄想町(moso)のキャバレー"レバークラブ"を舞台に、
      繰り広げられる女の生きざま、
      男はエッセンス、人生とは生きるとは、
      真面目におバカにお下劣にお下品に、
      なんでもありのオペレッタ"狸御殿"軽演劇

      嘘が本当に事実が幻にキレイは汚い

       

      <出演>
      轟もよ子 β 川原真衣
      anna 岩倉真彩 金城色 生野和人(ハンザキ) 田中祐理子
      辻真梨乃 中村真季子 真坂雅(重惑[omowaku])

       

      <脚本・演出>

      β(WAHAHA本舗)

       

      <主題歌提供>
      マリアンヌ東雲(キノコホテル)

       

      <公演スケジュール>
      09月27日(水)19:30◎
      09月28日(木)14:00★/19:30
      09月29日(金)19:30☆
      09月30日(土)14:00☆/19:30
      10月01日(日)13:00☆/17:00
      ◎ゲネプロ割
      ★平日昼割引
      ☆アフターイベント

       

      <チケット>
      前売/当日 3,300円
      ゲネプロ割 2,500円
      平日昼割引 3,000円
      リピーター 1,500円
      食べ物持ち込み&差し入れ大歓迎!(飲み物は販売しますので持ち込み不可)

       

       

      皆様、ぜひご観劇ください!

       

      小林至 客演情報

      2017.07.21 Friday

      0

        公演初日のお知らせになりましたが!

        小林至がノックノックスの『幸せの標本 完全版』に出演します。

         

        ノックノックスは公式サイトによると・・・

         

        ノックノックスはミュージシャンによる演奏や、幻燈(OHP映像)とのコラボレーションで徹底的に「生」にこだわる演劇ユニットです。目で観て、そして耳で聴いて、お客様に演劇を楽しんでいただくことをコンセプトに、毎公演ミュージシャンと客演の俳優を迎え創作活動を行っています。

         

        だそうです!なんかカッコいい!

        会場は阿佐ヶ谷、学生料金2000円です!

         

        倉迫演出作品でおなじみの藤谷みきさんも出演しています。

        劇場がこんな感じになってるそうです。

         

         

        +++++

         

        ノックノックス
        幸せの標本 完全版

         

        −愛されていることに、気が付いていなかったのね。

        とある一室で蜜蜂を育てる女。傍らにいるのは誰も彼も変わり者ばかり。部屋いっぱいの植物に囲まれ平和に過ごしているように見えるが、彼女に残された時間は少ない。彼女はなぜこの場所で生活しているのか。そしてなぜ蜜蜂を育てているのか。

         

         

        [ 作・演出・作曲 ]
        ヤストミフルタ

        [ 出演 ]
        伴美奈子(扉座)
        藤谷みき
        小林至(Theatre Ort)
        古澤光徳(ユニークポイント)
        吉見茉莉奈

        [ 演奏 ]
        Asumi(vo)
        島崎敦史(pf)
        大表史明(perc)
        鈴木健介(gt)
        大道彩(pf)※
         ※名古屋公演のみ参加

        [ 幻燈 ]
        ヤストミフルタ
        [ 舞台美術 ]
        柵山直之(メイガーデンズ)
        [ トークゲスト ]
        船橋康貴(ハニーファーム)

         

        【 東京 】 
        ザムザ阿佐ヶ谷 
        2017年7月21日(金)19:00 
        22日(土)14:00 19:00 
        23日(日)11:00 15:00 
        チケット: 
        前売4,000円 当日4,300円 
        学生2,000円(要証明) 

         

         

        JR中央線・総武線 阿佐ヶ谷駅 北口より徒歩2分
        (新宿より快速で9分 土日祝日は各駅停車をご利用下さい)
        阿佐ヶ谷駅北口を出て線路沿いを荻窪方面へ
        右手に見えるTOAフィットネスクラブの北側

        〒166-0001
        東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
        ザムザ阿佐谷 TEL:03-5327-7640

         

         

        劇団員の客演&トーク出演情報

        2016.03.18 Friday

        0
          倉迫です。

          今週の土曜日に、
          小林至が客演、倉迫がトークに出演。
          そして4月に、
          平佐喜子と小林至がそれぞれ客演します。

          ■小林至 客演
          第13回北区内田康夫ミステリー文学賞大賞作品  世田谷シルク公演
          『二番札』
          3月19日(土)2時開演
          北とぴあ さくらホール
          原作:南大沢 健
          脚本・演出:堀川炎

          ■倉迫康史 トーク出演
          時間堂レパートリーシアター
          『巨大なウェディング・ケーキ』作:谷川俊太郎
          『ヂアロオグ・プランタニエ』作:岸田國士
          2016年3月18日(金)・19日(土)
          演出:黒澤世莉
          18日(金) 15:00/20:00
          19日(土) 13:00/18:00
          ★開場は60分前/カフェ営業あり

          19日(土)18時の回のアフタートークに出演します。
          演劇の上演は60〜80分、その後休憩をはさみ、アフタートークは約20分開催。
          公演の詳細は
          http://jikando.com/2015-10-26-05-27-33/549-rt-201603.html

          ■平佐喜子 客演
          座・高円寺 春の劇場01 日本劇作家協会プログラム
           InnocentSphere
          『悪党』
          2016年4月13日(水)〜17日(日)
          作・演出:西森英行
          公演の詳細は http://www.innocentsphere.com/akutou/

          ■小林至 客演
          青春音楽活劇
          『詭弁・走れメロス』
          2016年4月29日(金)〜5月8日(日)/新宿シアターサンモール
          5月14日(土)/京都劇場
          原作:森見登美彦
          演出:松村武
          公演の詳細は http://papageno-net.com/melos/

           

          平、9月客演情報

          2015.09.06 Sunday

          0
            お久しぶりです。
            劇団員・平です。

            たちかわ創造舎オープンに向けて、
            倉迫・村上・平は、日々たちかわ創造舎に通う毎日ですが、

            平、今週末に客演がございます。


            ****

            toi presents 7th『中田さんとおるすばん』

            作・演出 中田真弘

            黒川深雪
            高橋ゆうこ

            宇都宮快斗
            大塚公祐(InnocentSphere)
            小見美幸(青年座映画放送)
            北川義彦(十七戦地)
            平佐喜子(Theatre Ort)
            高橋義和(FUKAIPRODUCE羽衣)

            □にちじ□ 2015年9月
                   11日(金)15時/18時
                   12日(土)12時/15時/18時
                   13日(日)12時(完売)/15時(完売)
            □ばしょ□ 吉祥寺CLOSET(武蔵野市吉祥寺本町3-3-9 ,2F)
            □おねだん□ 2500円
            □ごよやく□ (平佐喜子扱い)
            https://www.quartet-online.net/ticket/toi7?m=0bdahid
            □おといあわせ□ toiplayer3@gmail.com




            ****


            小さなギャラリーでお送りする、
            ちょっと不謹慎なお話。

            13日は完売いたしまして、
            18時の回も危うい感じ。

            各回15名様限定という、
            おうちにお招きするような、
            ギュッとした公演です。
            どうぞ訪ねにいらしてください。
             

            【外部演出】12月の音楽朗読劇公演

            2014.11.25 Tuesday

            0

              主宰・演出の倉迫です。
              12月に音楽朗読劇の演出をします。
              かなり面白い企画ですので、ちょっと長い公演案内となります。


              今回はOrt-d.dによる公演ではなく、
              声優・イラストレーターの川上千尋さんと

              俳優・声優・グラフィックデザイナーのあきやまかおるさんの創作ユニットWitchRooRの公演です。




              あきやまさんとは2005年10月に上演した
              にしすがも創造舎上演プロジェクト『サーカス物語』からの付合いで、
              http://www.land-navi.com/backstage/report/anj/
              あと川崎市と宮崎市で上演した『ポラーノの広場』にも出てもらったりしました。
              http://www.miyazaki-ac.jp/moyooshi/2008/0111.htm

              今年の『ケンゲキ!』での二つの音楽朗読劇、
              「宮沢賢治のイーハトーボ」と「朗読と歌の会 −ポランの広場−」にも出演してもらい、
              そんな縁から、音楽朗読劇つながりということもあって演出をすることになりました。


              川上さんもあきやまさんも本当に多才で、
              たとえばチラシはイラストを川上さんが描いて、
              あきやまさんがデザインしたりしています。
              舞台美術は主に川上さんが、
              演出や音楽の方向性はあきやまさんが、
              それぞれ強いイメージを持っており、
              僕は彼女たちのイメージの実現を手助けすることと、
              原作の世界観を演劇にしていくためのアイデア出しをしています。




              生演奏を担当するのは、リュートという古楽器を使う
              Lute and Vocal Duoの「月猫とリュート」さん。
              いやあ、このリュートという楽器の音色がすばらしくステキです。
              そしてボーカルの坂本美里さんの声の透明感にしびれます。
              稽古の最初から付き合ってくれて、一緒に考えてくれるという、信頼できる方々です。

               

              上演するのは、紅玉いづきさんの人気作『ブランコ乗りのサン=テグジュペリ』(角川書店)。


              20世紀末に都市部を襲った天災から数十年後の首都湾岸地域に作られた少女サーカス団が舞台。
              天才ブランコ乗りである双子の姉・涙海(るう)の身代わりに舞台に立つ愛涙(える)の物語です。
              紅玉さんは1984年、石川県金沢市出身。金沢大学文学部卒業。
              『ミミズクと夜の王』で第13回電撃小説大賞・大賞を受賞し、デビュー。
              その後も、逆境を跳ね返し、我がものとしていく少女たちを描き、強固な支持を得ている方です。
              僕は今回の作品で初めて読んだんですが、言葉の使い方が独特で、
              一つ一つの文章に不思議な余韻が響きます。
              この魅力を俳優の肉声によって表現できるかが挑戦です。


              出演者、音楽、テキストの三者の相乗効果によって、美しく幻想的な空間が実現しつつあります。
              なかなか味わえない濃密な世界をお約束できると思いますので、
              12月3日から7日、駒込のギャラリー・ラグロットにお越しください。


              公演の詳細と予約方法は下記のサイトにアクセスしてください。
              すでに売り止めの回も出ているようですので、ご予約はお早めに。

              http://roor.kawakamichihiro.jp/


               

              11月の活動情報

              2014.10.26 Sunday

              0
                倉迫です。
                さらに連投です。

                9月10月の劇団員の外部活動もそれぞれ無事終えることができました。
                応援してくださった皆様、ありがとうございました。

                以前のブログには載せられなかったのですが、
                村上哲也が日本劇作家協会が主催する「月いちリーディング」に9月27日、
                出演しました。
                これで「月いちリーディング」には倉迫がコメンテーターとして、
                村上と平が出演者として関わらせていただいたことになります。
                僕自身、とても刺激的で充実した時間だったと記憶しているので、
                機会があればぜひまた関わってみたい良企画です。

                それから10月に倉迫は、東京都高校演劇コンクール山手城南地区大会で審査員をつとめました。
                山手城南地区の審査員をするのはこれで三度目。
                以前に比べて全体の底上げを強く感じた今回の大会でした。

                さてさて、Ort-d.dの年内の活動は…、
                今年も参加します!たまがわみらいパークでの「たまみらまつり」
                よみしばい『星の王子さま』をたまみらバージョンで上演します。
                11/16(日)11:00 開演
                たまがわみらいパーク ドレミホールにて。
                出演は平佐喜子と小林至(双数姉妹)、入場無料、上演時間25分です。

                こちらは以前に豊島区の区民ひろばでやったときの写真です。




                そして、11月の劇団員の外部活動情報です。ぜひチェックしてください。

                【平佐喜子 出演】

                Ammo「Lucifer」
                作・演出:南慎介
                10/31〜11/3 @日暮里d-倉庫

                主催名は「アモ」、タイトルは「ルシフェル」と読みます。
                ボスニア・ヘルツェゴビナを舞台に「サッカーと内戦」をテーマにした作品です。

                ご予約はコチラから。




                【倉迫康史 演出】

                洗足学園音楽大学 邦楽ミュージカル第二弾!
                『夏花火♡恋名残』(なつはなびこいのなごり)
                作:中屋敷法仁(柿喰う客)
                作曲・音楽監督:篠原真
                11/15(土)18:00
                11/16(日)14:00
                洗足学園 前田ホール
                料金無料・予約不要




                時は天保、所は西両国・柳橋。
                エンターテイメント禁止の時代を生きるのは、
                女義太夫の竹本花之助とその妹分にして相三味線の鶴澤花丸、
                そして花火屋のワケアリ娘、玉屋おたま。
                さらに江戸北町奉行に新進歌舞伎作家も参戦!
                花魁が舞い、火消しが奔る!
                洋楽器×和楽器が奏でる、
                ポップでエネルギッシュな邦楽ミュージカルが江戸の夜空に大きな花火、咲かせます!

                 

                子どもに見せたい舞台vol.7「星の王子さま」

                2013.07.20 Saturday

                0
                  夏ですね。
                  暑いですね。
                  夏まっさかりですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

                  お久しぶりのブログ更新となってしまいましたが、
                  絶賛、稽古中でございます。


                  夏といえば、
                  子どもに見せたい舞台ですね!!!


                  今年でありがたくも、7年目を迎えます。


                  7/20、本日よりチケット発売開始です!!
                  公式サイトはコチラ


                  以下、詳細です。


                  *****


                  子どもに見せたい舞台vol.7「星の王子さま」

                  2013.8.17(土)〜8.25(日)





                  場所: あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
                       〒170-0013 豊島区東池袋4-5-2ライズアリーナビル2F
                       TEL:03-5391-0751

                  日時:

                  8/17(土)19:00〜
                   18(日)17:00〜
                   19(月)13:00〜
                   20(火)13:00〜
                   21(水) 休演日
                   22(木)13:00〜
                   23(金)13:00〜 ☆終演後にレクチャーあり
                   24(土)13:00〜 / 19:00〜
                   25(日)13:00〜

                  受付開始・当日券の販売: 開演の60分前
                  開場: 開演の30分前


                  料金:

                  こども(小学生以下)・・・前売・当日共 500円
                  中高生・・・前売・当日共 1000円
                  おとな・・・前売1500円 / 当日2000円
                  ※全席自由/整理番号付き
                  ※3歳未満:無料(保護者のお席の上の場合。お席が必要な場合は有料。0歳から入場可能。)


                  出演:
                  林大樹、加藤幸夫、村上哲也(Ort-d.d)
                  八代進一(花組芝居)、平佐喜子(Ort-d.d)
                  井上貴子(双数姉妹)、谷口直子(Divadlo501)


                  原作: サン=テグジュペリ 『星の王子さま』
                  台本・演出: 倉迫康史
                  音楽監督: 棚川寛子
                  美術: 青木拓也
                  照明: 佐々木真喜子(ファクター)
                  音響: 相川晶(サウンドウィーズ)
                  舞台監督: 弘光哲也
                  衣装: 竹内陽子
                  ヘアメイク: 梶田キョウコ
                  宣伝美術: FLATROOM
                  イラスト: 末延素
                  制作: 坂田厚子 林弥生 新妻葉子


                  チケット購入方法:

                  .ΕД屮汽ぅ函ε渡
                  CNプレイガイド  http://www.cnplayguide.com/ (パソコン・携帯共通)
                  0570-08-9999(10:00〜18:00・年中無休・オペレーター受付)
                  ※チケット引取: セブンイレブン・ファミリーマート・配送

                  ▲灰鵐咼縫┘鵐好好肇
                  セブンチケット(セブンコード:024-388)
                  ※セブンイレブン店内に設置してあるマルチコピー機から直接購入していただけます。



                  協力: シアターカンパニーOrt-d.d
                  企画・制作: NPO法人アートネットワーク・ジャパン
                  助成: (財)自治総合センター
                       本事業は宝くじの助成を受けて実施しています。
                  主催: としま文化創造プロジェクト実行委員会



                  演出家より

                  『星の王子さま』は「探す物語」です。
                  郵便飛行機のパイロットだった作者のサン=テグジュペリは
                  夜間飛行のときには星の光、地上の光を探しながら飛んでいました。
                  「光を探す」ことを道しるべに生きて還るのが
                  当時のパイロットにとってもっとも重要なことでした。
                  しかし、星の光の正体は星が燃える炎ですし、
                  地上の光の正体は人々の生活の営みです。
                  見える光の奥にある見えない本質が無ければ光は輝きません。
                  サン=テグジュペリはその本質を愛そうとしました。
                  『星の王子さま』はそういう作者の「探すこと」への切実さが
                  祈りのようにこめられた作品です。
                  そして私たちにこう問いかけてきているように感じます。
                  「あなたは今なにをどうやって探していますか?」と。
                  皆さんの探しものをぜひ見つけに来てください。



                  ☆関連レクチャー☆

                  『星の王子さま』の魅力 〜小惑星の旅でみつけたもの〜

                  出演: 吉川真(宇宙航空研究開発機甲(JAXA)准教授・
                                  「はやぶさ2」ミッションマネージャ)
                            倉迫康史(演出家)

                  空研究の最前線・JAXAで “王子さま”の故郷を思わせる
                  小さな小惑星を探査する「はやぶさ2」の開発に取り組まれている
                  吉川真氏。
                  そして今回『星の王子さま』を「探す物語」として舞台化した
                  演出家の倉迫康史氏。
                  それぞれの視点から
                  『星の王子さま』にこめられたメッセージについて語り合います。

                  物語の舞台となった宇宙と小惑星について触れ、
                  “王子さま”の旅の意味を一緒に考えてみませんか?

                  日程 2013年8月23日(金) 公演終了後(約45分)

                  会場 あうるすぽっと 劇場内 料金 無料

                  対象 『星の王子さま』観劇者(全ステージ対象)
                  ※予約不要/チケット持参の上直接会場へ


                  *****


                  こちらのブログでも、稽古場の様子をお届けいたします。
                  ブログ担当は、去年のドリトル日誌でおなじみ、

                  林 大樹君!!!



                  写真は去年のだいちゃんですが、
                  今見ると若い・・・っ!
                  今年のだいちゃんは更にイケメンに成長しております。

                  更に今年のだいちゃんは、キャストで参加。
                  大活躍しております!!!
                  どうぞご期待ください!!!!







                  平、客演情報。

                  2013.06.13 Thursday

                  0
                     お久しぶりです。
                    劇団員の平佐喜子です。

                    じめじめ、ようやく梅雨らしくなってまいりましたが、
                    皆様いかがおすごしでしょうか。

                    6/23に、Ort-d.d図書館公演も、ございますが
                    (いや、これ、本当に見に来ていただきたいです。)

                    その一週間後、

                    6/28〜30に、
                    平、shelfさんに客演いたします。


                    shelf volume15 「班女/弱法師」






                    2013.6/28〜30

                    作/ 三島由紀夫

                    構成・演出/ 矢野靖人

                    会場 / 日暮里d−倉庫

                    〒116-0014 荒川区東日暮里6-19-7-2F
                    03-5811-5399
                    「日暮里」駅 南口徒歩7分
                    (JR山手線・京浜東北線・常磐線、私鉄京成線・日暮里-舎人ライナー) 


                    出演 /

                    「班女」 HANJO

                     川渕優子 Yuko Kawabuchi
                     春日茉衣 Mai Kasuga
                     たけうちみずゑ (chon-muop) Mizue Takeuchi
                     森祐介 Yusuke Mori

                    「弱法師」 YOROBOSHI

                     森祐介 Yusuke Mori
                     川渕優子 Yuko Kawabuchi
                     春日茉衣 Mai Kasuga
                     日ヶ久保香 Kaoru Higakubo
                     小川敦子 Atsuko Ogawa
                     和田華子 Hanako Wada
                     平佐喜子(Ort-d.d) Sakiko Taira
                     櫻井宇宙 Takahiro Sakurai
                     平田泰久(テアトル・エコー) Yasuhisa Hirata

                    照明 / 則武鶴代
                    音響 / 荒木まや (Stage Office)
                    衣装 / 竹内陽子
                    美術 / 山上健 (山上建築設計)
                    舞台監督 / 佐藤恵
                    宣伝美術 / オクマタモツ
                    制作 / 薄田菜々子
                    制作助手 / 加登聖子、中村みなみ
                    協力 / chon-muop、Ort-d.d、株式会社テアトル・エコー、(株)酒井著作権事務所
                    主催 / shelf

                    日時 / 2013年6月28日(金) 〜 2013年6月30日(日)

                    6月28日(金)19:30〜
                    6月29日(土)14:00〜/19:00〜
                    6月30日(日)14:00〜

                    料金 / 一般前売 2,800円 一般当日 3,300円
                    学割 2,000円(前売、要学生証)

                    前売り開始 / 2013年4月30日(火)

                    チケット取扱  http://ticket.corich.jp/apply/44800/010/(平佐喜子扱い)

                    *****


                    私は、弱法師のみの出演です。

                    shelfさんは、身体を魅せます。
                    なので、鍛えております。嫌いじゃないです。

                    龍神みたいになりたい。というのが、今回の目標です。
                    なんて。

                    是非、
                    見に来ていただけると嬉しいです。
                    お待ちしてますー!!!


                    倉迫外部演出情報

                    2013.05.26 Sunday

                    0
                      倉迫です。
                      先日お知らせした朗読劇公演の前に、
                      SENTIVAL!参加作品として劇ツク作品を演出します。

                      昨年は『サド侯爵夫人』の第一幕を上演しましたが、
                      今回はやはりOrt-d.dで上演経験のある『しんしゃく源氏物語』を
                      新演出で創ります。
                      出演メンバーの年齢が登場人物の年齢と近く、
                      この作品のために集められたような座組になっています。

                      +++++

                      劇ツク2013 with 倉迫康史
                      『しんしゃく源氏物語(末摘花の巻) Farce sentimental』

                      作:榊原政常
                      演出:倉迫康史(Ort-d.d)
                      出演:伊藤紫央里、岩崎メリー、木谷美絢、嵯峨聖美、佐藤有子、三谷杏奈

                      ・演出家メッセージ
                      『しんしゃく源氏物語』は文学座が昭和27年8月に三越劇場で上演(演出:戌井市郎)。登場人物が女性ばかりということもあってのちに高校演劇の人気作品となったが、描いている世界はなかなか複雑で苦い。末摘花(すえつむはな)とは華麗なる源氏物語のヒロインの中で、唯一美しくない女性である。容姿も悪く、才覚も無く、空気も読めない女性の一途な恋の行く末とその恋に対する周囲の残酷さを、副題どおり「センチメンタルな喜劇」として平成の現代に描く。

                      日時■6月8日(土)16時/20時 9日(日)14時/18時
                         ※開場は開演の30分前。上演時間は約60分を予定。
                      会場■atlier SENTIO アトリエ・センティオ
                      料金■前売・当日共 2,000円
                      予約■office@oranje.jp宛に、名前(ふりがな)日時、枚数をお送り下さい。


                      平、客演情報

                      2012.09.19 Wednesday

                      0

                        9月も半ばをすぎたというのに、
                        残暑厳しい今日この頃ですが、
                        お元気でおすごしでしょうか?

                        Ort-d.dメンバーは、現在個人活動中。
                        それぞれ、忙しく動いております。

                        さて、そして、私、平の公演が、
                        来週の火曜日に迫ってきております。



                        *****


                        Attic Theater 『アシュラ!』





                        作:池谷雅夫(くろいぬパレード)

                        演出:黒川竹春

                        2012年9月25日(火)〜30日(日)

                        一家5人を襲った交通事故。
                        両親は死亡。次女は植物状態。
                        無事だった二人の姉妹は、その慰謝料を食い扶持に奥多摩での生活を始めた。
                        それから3年…奇跡が起こる。
                        植物人間の次女が目を覚ました!

                        しかし、それは三姉妹の愛憎喜劇の始まりだった…

                        【日時】
                        9月
                        25日(火) 19:30
                        26日(水) 19:30
                        27日(木) 15:00★/19:30
                        28日(金) 19:30
                        29日(土) 14:00/18:00
                        30日(日) 15:00

                        【キャスト】
                        黒川 深雪(InnocentSphere)/平 佐喜子(Ort-d.d)/米津 詩穂
                        五十嵐 明(青年座)/
                        渡邊 慶人(昭和芸能舎)/佐野 大輔(サラ・プロジェクト)/香椎 凜(青年座)

                        【劇場】
                        劇場MOMO(中野区中野3-22-8)
                        ※JR中央・総武線、東京メトロ中野駅南口より徒歩5分

                        【チケット】
                        日時指定・全席自由
                        3,500円(前売り・当日)/★3,000円(木曜昼公演)

                        ご予約は、
                        コチラから!→http://ticket.corich.jp/apply/39871/003/



                        *****


                        Ort-d.d公演とは、まったく違った作風の公演です。
                        愛憎喜劇。
                        毎日奮闘しております。

                        是非是非、見にいらしてください。

                        さて、本日も稽古!!!
                        いってまいります!!!