たちかわ創造舎に引っ越しました

2015.08.20 Thursday

0
    主宰の倉迫です。
    怒涛の夏が一段落つきました。

    7月の6つの会場でのよみしばい公演、
    『エルマーの冒険』と『モモ』、『ゆめくい小人』を
    ご覧いただき、ありがとうございました。

    そして7月24日に、にしすがも創造舎にあった劇団の荷物を、
    たちかわ創造舎に引っ越しました。
    なんと4トントラック2台分でした。
    あらためて、にしすがもで過ごした12年近い歳月の重さを感じました。

    たちかわ創造舎では、現在、9月26日(土)のオープンセレモニー、
    27日(日)の一般公開デーに向けて準備をガシガシと進めていっています。
    一般公開デーでは様々な催しが行われます。
    「たちかわ創造舎に行ってみたい!」という方はぜひ遊びに来てください。
    10月から本格稼働がスタートします。

    それに先駆けて、今週の月曜と火曜、8月17日(月)18日(火)に
    校舎1Fのリノベーションを行う《真夏の内装プロジェクト》を決行しました。



    壁を抜いたり、廊下をペンキで塗ったり、カフェスペースを作ったり…。



    内装のアイデアを考えて指揮をとってくれたのが、
    立川で「家具工房 木とり」を営む山上一郎さん。
    実は倉迫と同い年。キュートな方です。

    地元の方や演劇人、「星空シネマ」をやる武蔵野美術大学の学生、
    演劇公演の稽古を試験的にここで行っていた洗足学園音楽大学の学生など、
    17日はおよそ20名、18日はなんとおよそ30名ほどの方が一緒に作業してくれました。



    18日の作業後の交流会も盛り上がり!
    花組芝居の八代進一さんが料理隊長として、
    豚汁を作ったり、バーベキュー焼いたり、
    焼きそば30人前焼いたりしてくれました。
    鉄板やガス器具など、調理道具は全て地元の町会の方が貸してくれました。

    こんな感じでOrtの新たな拠点での歩みが始まりました。
    劇団や劇団員も9月から様々に動き始めますが、
    それらについてはまた改めてお知らせします!

     

    スポンサーサイト

    2017.07.21 Friday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL