アラビアンナイト演出ノート4 星のさだめと神の御心のままに

2017.01.15 Sunday

0

    倉迫です。

    今晩こそは『音楽劇 アラビアンナイト』で上演する物語の話をします。

    数あるアラビアンナイトのお伽話の中から今回原作に選んだのは大きく二つ、

    『星のさだめ』と『アリババと40人の盗賊』です。

    これに、シンドバッドだったり、魔法の絨毯だったり、もの言う鳥だったり、

    アラジンだったり、黒檀の馬だったりの要素が加味されています。

    今晩は『星のさだめ』についてお話します。

     

    (写真は『星のさだめ』の一場面。王子と星のさだめを予言された少年)

     

    この『星のさだめ』という作品は、日本ではそれほど有名ではないのですが、

    「アラビアンナイトの真髄。最もその精神を表している」と言う人もいるお話です。

    「さだめ」を漢字で書くと「宿命」でしょうか。

    「運命」と書く向きもありますが、

    ある人の逃れようのない人生の顛末は、本人からすると「宿命」、

    他者から見ると「運命」というのがしっくりくるような気が僕はします。

    「宿命」は主観的把握、「運命」は客観的把握という感じですね。

     

    (同じく『星のさだめ』の一場面。少年の父親と星のさだめを予言した占い師)

     

    さて、なぜ『星のさだめ』がアラビアンナイトの真髄なのか。

    このお話は、どんなに人間が懸命に努力しても、人生には思いがけないことが起こる。

    自分の人生も自分のものではけしてない、すべては神の御心なのだ、

    というテーマをそれはもう直接的に描いた作品だからです。

    つまり、このお話はイラスム教の最も中心となる哲学である

    「インシャラー(インッシャアッラー)=神の御心のままに」を描いているんですね。

     

    人間は、思い通りに生きられなかったり、

    約束を守れなかったり、タブーを侵したりするもの。

    しかしそれは神の御心。

    ならば、それを約束事として受け入れようという、

    人生に対する前向きさに変換するのが「インシャラー」ではないかと思います。

    このインシャラーは他のアラビアンナイトのお話の中にもたくさんたくさん出てきます。

    しかし、この『星のさだめ』が、他のアラビアンナイトの話と違うなあと、

    僕が感じたのは、星のさだめの通りに生きた人間が辿り着く境地も描いていることです。

    それは「そうした自分の人生を物語化することで受け入れる」です。

     

    アラビアンナイトにはシェヘラザードだけでなく、

    彼女の語る物語の中で物語を語る人物が現れ、

    さらにその物語の中にまた別の物語を語る人物が現れたりします。

    「語る人」がたくさん出てくるんですね。

    彼らの多くは「自分の人生を物語として語ることで自分の人生を受け入れる」ために語ります。

    そして、そうして語られた物語が、別の人の人生を慰めるんですね。

     

    僕はこの語り手たちのあり方は「俳優」だなあとも思ったりして、

    今回、『音楽劇 アラビアンナイト』の重要な柱の一つにしました。

    「星のさだめ=神の御心=己の不条理な人生」をどう受け入れるか、

    そして受け入れる過程におけるお伽話の効用とは何かを考えながら創っていきました。

    その成果や如何に。ぜひ劇場でお確かめください。

     

    (同じく『星のさだめ』の一場面。王に自分の旅について語る男と

    それを見つめるシェヘラザード)

     

    ただ、まあ、アラビアンナイトを読んでいて面白いのは、

    「神の御心」と言いながら、人間なんてそんなもんですが、

    自然災害以外は人間の「好奇心」や「欲望」によって起きることがほとんどだってことですね。

    抑えきれない「好奇心」や「欲望」こそが神の御心なのかもしれません。

    そして、神との約束をとても大事にするからか、人間同士の約束は割と簡単に破られます。

    そういうところもまたアラビアンナイトのドラマ性として楽しめるところだったりします。

     

     

    【吉祥寺公演まであと6日】フル通し!

    2017.01.15 Sunday

    0

      皆さま、明けましておめでとうございます。

      Theatre Ortの村上です。

      はい、まだ在籍しておりますよ!

      このコーナーには何年かぶりの登場です。

       

      久しぶりなのと新年一発目であるので、まずはこちら。ドンっ!

       

       

       

       

      稽古場から見えるダイヤモンド富士でございます。

      たちかわ創造舎のある立川市富士見町は、その名の通り富士山がよく見え、

      ダイヤモンド富士が頻繁に拝めるエリアとして知られているそうです。知らなかった…

       

      皆さまの今年一年の御多幸と、

      バイクで事故るやら某公営競技の予想では惜敗続きやらと

      ちっともツイてない私にささやかな幸せが訪れることと、

      そして何よりも吉祥寺シアター公演の千客万来を祈願して、、、パンパンっ!

       

       

       

      さて今日は、スタッフほぼ全員が顔を揃えての通し稽古でした。

       

       

       

      右はビジュアルディレクションのるうさん。

      左は振付・ムービング指導のJOUさん。

      お二人の美魔女がこの舞台のクオリティーを大きく支えてくれております。

       

      年をまたいでの吉祥寺公演。

      立川公演は例えるなら、馬券圏内を目指した安定した走り。

      吉祥寺公演ではぶっちぎりのレコード勝ちを目指してます。

       

      何ていうかね、良い感じでイガイガしてきてるんですよ、作品自体が。

      ファミリー向けとは言え、

      アーティスティックな息吹きを忘れないのが倉迫芝居の真骨頂。

       

      これは目撃しておかないと損ですぞ!

      まだまだご予約、受け付けております。

      オススメは初日。

       

      お待ちしておりま〜す!

       

      役者紹介3人目:榊原毅→小林至(Theatre Ort)

      2017.01.14 Saturday

      0

        役者紹介3人目は、榊原が

        小林至(こばやし いたる)先輩を紹介させていただきます。

         

         

         

        (スイマセン。写真は前回の稽古場日誌の至さんを使い回しです。by平)

         

         

        先輩などと親し気に書き始めましたが、

        実は今回至さんとは初めて共演させていただきます。

        なんというか、職人ですね。そう、演劇職人です。

         

        どのシーンでも、間とか、セリフ回しとか、動きとか、ピタッとはまるんですよね。

        体にしみ込んだ心地よいリズムが自然と出てくるから、

        共演してても、稽古を見ていてもすごく心地よいです。

         

         

        初めて至さんのお芝居を拝見したのが昨年の夏の豊島区で行われた

        よみしばい「アラジンと魔法のランプ」でした。

        そこでの至さんが、もう、やることなすことピタピタはまって、

        で、気が付けばバルーンアートまでやられて(ランプの精を風船で作っちゃうんですよ!!)

        この人はすごい!と思い知らされたわけです。

         

         

        そのすごさを裏打ちしているのが、

        センスもさることながら、地道な稽古なんですよね。

        至さんとにかく稽古はんぱないです。

        休憩時間でも気が付けば常に、セリフや動きの確認されてます。

        至さんに二回目にお会いした時も創造舎の4階で

        よみ芝居アラジンの自主稽古をされてました。

         

         

        ごめんなさいなんかほめ倒してますけど、

        あと何がすごいって、ものすごい気遣いの人です。

         

        今日の稽古でも古川さんの楽器の電池が切れたときに、

        稽古の自分の出番がない時を見計らって、

        さりげなく電池をお店まで買いに行かれてたりするんですよ。

        え?いつの間に?ですよ!

         

         

        そして、さりげなく稽古用の音源を誰でもボタン一つで

        出せるようにプログラミングされたり、

        舞台装置に不備があれば材料を集めてすかさず補修したり。

        そんなんところにまで目が行き届くのか!?という感じです。

         

         

        そんな何から何まで職人のようにこなしてしまう、至さんは、

        今回のアラビアンナイト劇中でも、何でもやられてます。

        一体何役やられてるんだろう?

         

        そんな至さんの八面六臂な活躍をぜひぜひ吉祥寺にて目の当たりにしてください!

        何役やられてるのか数えてみてください(笑)

        個人的にはあのシーンとあのシーンが好きです。ってわかるかいぃぃ!?

         

         

        実を言うともうちょっとがっつり絡みたかったなぁ、それがちょっと残念。

        なのでいずれは、立川の公演の打ち上げで出ていた(二人で勝手に話していた)

        よみ芝居共演の夢はいつか果せたらと考えています。それもお楽しみに。

        (実現するかどうかわかりませんが・・・。)

         

        榊原 毅

        アラビアンナイト演出ノート3 増殖するアラビアンナイト・ワールド

        2017.01.14 Saturday

        0

          倉迫です。

          深夜ですが、張り切って更新します。

           

          アラブで生まれた「アルフ・ライラ・ワ・ライラ(千夜一夜物語)」が

          18世紀にヨーロッパで「アラビアンナイト」として紹介され、

          大人気を博したというのは以前の演出ノートにも書きましたが、

          当然アラビア語ではなく、英語やフランス語で出版されました。

          つまり、翻訳者がいたということですが、「アラビアンナイト」の場合、

          翻訳者の個性によって全然違うテイストの物語集になりました。

          児童文学として教訓的な部分を強調した「アラビアンナイト」もあれば、

          男女の絡みをオーバーに書いた性愛小説風の「アラビアンナイト」もあります。

           

          最もエロティックな描写が多い(というか書き足しすぎ)のバートン版の

          表紙なんてこんなんです。バーン。

          遠慮気味に小さくしておきましたが、電車の中でカバーをつけずに読むには、

          かなりの勇気が必要そうなのは、わかると思います。

           

          そして、日本の「アラビアンナイト」は、このように、

          英語やフランス語のものを翻訳したものがほとんどで、

          そこでさらに日本語の翻訳者の個性によって、

          タイトルが同じでも全然違う作品が多数生まれることになりました。

          しかも、もともと長いお話が多かったのを児童向けに短くしたり、

          結末を柔らかいものに変えたり、残酷さを省いたりしたものが、

          児童文学としての「アラビアンナイト」として主流になっていきました。

          だから、正直、全然違う、真逆の話になってることもあります。

           

          アラビア語の原作から直接、日本語に翻訳された「アラビアンナイト」としては、

          平凡社の東洋文庫のものが有名です。

           

           

          ただ、このシリーズ、読むのにかなりの忍耐力がいりました。

          読みにくいし、話が長い。

          翻訳が古い(なにせ出版が1966年!僕の生まれる前)のは

          さておくとしても、これを読むと、

          「アルフ・ライラ・ワ・ライラ」は子ども向きに書かれたものではないことが

          よくわかります。

           

          しかし、このように国によって時代によって自在に改変されることが、

          アラビアンナイトの最大の特徴であり、そのお蔭でここまで世界中に広がり、

          時代を超えて語り継がれているのかもしれません。

           

          ちなみに、ディズニーの『アラジン』が好きという人が多いと思いますが、

          19世紀末のイギリスの画家ウォルター・クレインが書いた挿絵のアラジンが、

          これ。はい、ドン。

           

           

          中国人です。ウォルター・クレインが浮世絵の影響を受けていたので、

          日本人ぽさもありますが、中国人です。

          「アラジンと魔法のランプ」の舞台はアラブではなく、中国です。

          そして、アラジンと敵対する悪い魔法使いは、はい、この人です。ドン。

           

           

          彼は、アフリカの西、マグリブと呼ばれる地方の出身です。

          そして原作のアラジンには魔法の絨毯は出てきません。

          あれはアラビアンナイトの中の別のお話で出てきます。

          つまり、ディズニーの『アラジン』は、

          アラビアンナイトという作品に対して欧米人が持つ

          平均的なエキゾチックなイメージを集約した作品と言えるかもしれません。

          だから、広く受け入れられたとも言えます。

           

          日本でも人気マンガの『MAGI』も

          アラビアンナイトの世界を下敷きにした作品と言えます。

           

           

          8世紀に生まれたアラビアンナイト・ワールドが今でも

          どんどん広がり続けていると考えると、

          「アルフ・ライラ・ワ・ライラ」が

          人類規模の文化遺産であることは間違いありません。

           

          今夜は『音楽劇 アラビアンナイト』で取り上げた原作の物語について

          お話ししようと思ったのですが、長くなってしまいましたので、

          また明日の夜にまわしたいと思います。

          それでは、また明日の夜に。

           

          【吉祥寺公演まであと7日】古川さん合流!

          2017.01.14 Saturday

          0

            はい。本日の稽古場日誌、担当、平です!

             

            本日は音楽・演奏の古川玄一郎さんが合流しまして、

            ギュギュギュッと、

            場面を細かくブラッシュアップしていきました。

             

             

            どどんっ。

            古川さんです。

             

            古川さんのパーカッション演奏は、凄いですよー。

            「え?一人?」

            って、二度見すること請け合いです。

            手が6本あったって、私多分同じことできないと思います。

             

             

             

             

            古川さんが駆使する楽器たち。

             

             

             

            これも楽器です。

            スーパーボールとか、

            弦楽器の弓とか、何に使うのでしょう・・・。

            ふふふ。是非吉祥寺シアターでご確認ください。

             

             

             

            古川さんは、

            「ここに、こういう感じの曲が欲しいんだけど。」

            という演出家のオーダーに、即興で曲を作っていきます。

            そのスピードが本当に速く、

            そしてシーンや、俳優の動きにピタリと合います。

            今日も吉祥寺公演に向けて新しい曲がひとつ・・・。

            凄いのです。どうなってるんだろう古川さんの頭の中。

             

            音楽劇ですが、実はアラビアンナイト、

            歌いません。

             

            それでも、音楽劇なのは、古川さんの音楽が、

            劇的だから。

            だと私は思ってます。

            俳優に寄り添ってくれるのですが、

            決してBGMではない、

            時には主役として舞台上にたち現れるのが、

            古川さんの音楽です。

             

             

            そして稽古途中のひとコマ。

            怒られてる感じの写真ですが、、、

             

             

             

            実は、至さんから、

            すごくくだらない事のレクチャー中。

             

             

             

            疑問解消!のこの笑顔。

            でも、すごくどうでもいいことのレクチャーでした。

            はい。

            細かく詰めてく稽古ですが、

            空気は和やかなことが多いです。

             

             

            そして、

            チケットのご予約が嬉しいことに動き始めております!!!

            1月

            20(金)16:00

            21(土)13:00/17:00

            22(日)15:00

            と、4回公演のみですので、

            お早めのご予約をおすすめします!!!

             

             

             

            役者紹介2人目:平佐喜子→榊原 毅

            2017.01.13 Friday

            0

              役者紹介2人目は、Theatre Ort 平 佐喜子が、

              榊原毅(さかきばら たけし)さんをご紹介します。

               

               

              立川公演仕込み中、

              舞台上で寝転ぶ榊原さん。

               

               

              同じく、おちゃめ榊原さん。

               

              榊原さんは、ですね、、、、

              大っ好きな俳優さんです。大好き!!好き!!!

              高身長!スタイル良し!顔、彫り深い!!

              声、すんごいいいい!!!

               

              俳優になるべくしてなった方だなぁぁぁ。

              と、いつも惚れ惚れしてしまうのです。

               

              あの、ただのファンみたいですが、

              実際ただのファンだった時期もとても長くてですね、

              初めて榊原さんを見たのは

              2003年!!!14年前!!!

              STスポットのプロデュース公演「ドラマリーディング ”ラ・ロンド”」でした。

              これが、とんでもなく面白かった公演でして、

              その後、自分の劇団でも公演しちゃいましたね。(→過去ブログ

               

               

              榊原さんは、

               

              物凄く怖い顔で、頭から湯気を出しながら、

              リーディングしてました。

               

              榊原さん、当時スキンヘッドだったのですが、

              いや、それを差っ引いても、

              「人の頭から、湯気って、でるんだ・・・!!!」

              と、当時の私には、大変衝撃的でした。

              鬼気迫る表情、

              虎の咆哮のような声、

              頭からたちのぼる湯気、

              パンツ一丁で立ち去るその姿。

               

              それからずーっと、

              とっても憧れの俳優さんです。

              ちなみにこの公演、オーガナイザーが倉迫康史でして、

              私が倉迫さんの名前を知った最初の公演でもあります。

               

               

              そんな榊原さんは、

              今回の吉祥寺シアター公演にさきがけて、

              武蔵野市の、吉祥寺図書館、武蔵野プレイス、桜堤児童館を、

              よみしばい「ひらけゴマ!アリババと40人の盗賊」で

              上演してまわったパートナーでもございまして、

               

               

              実は、とっても既にお世話になっております。

               

              榊原さん、

              顔の彫りが深いので、

              ちょっと、怖そうに見えるのですが、

              声も低く大きいので、

              だいぶ、怖そうに見えるのですが、

              とてもとても、優しい方です。

              よみしばいには、たくさん、ちいさなお客様がいらっしゃるのですが、

              みんな、榊原さんのことが、大好きになります。

              人間が、あったかいんだろうなぁぁぁ。

              包み込むような優しさと、温かさを持っている方だなぁと、思います。

              だから、あんなに怖いお芝居もできるんだわ。

               

              「音楽劇 アラビアンナイト」では、

              そんな榊原さんの

              怖いトコロ、おちゃめなトコロ、あったかいトコロ、

              たくさん堪能できます!

              見所がたくさんありすぎるので、

              乞うご期待でございます☆

               

               

              平 佐喜子

               

               

               

               

               

               

              アラビアンナイト演出ノート2 夜に語られるお伽話の魅力

              2017.01.12 Thursday

              0

                倉迫です。

                怒涛のようなブログ更新が始まりましたね。

                 

                演出ノート、続きです。

                前回、アラビアンナイトには定本が無いという話をしましたが、

                構造は全て同じです。

                 

                王妃が明日の朝には自分を殺すかもしれない王に、

                毎晩、夜伽に物語(お伽話)を聞かせることで命を長らえていくというのが、

                大きな枠組みとなっています。

                 

                 

                この王妃の名前はシェヘラザート、シャハラザード、シェラザードなど、

                様々に表記されますが、僕は語感から「シェヘラザード」を採用しています。

                シェヘラザードが毎晩語るお伽話として

                「アラビアンナイト」の全ての物語はあるという構造になっているのは、

                どの「アラビアンナイト」も一緒です。これを枠物語と言います。

                 

                上の絵は古代ペルシアのシャフリヤール王に、

                シェヘラザードが語っているところ。

                もう一人の女性は、シェヘラザードの妹のドゥンヤザードです。

                彼女も、ディーナーザードとかディーナールザードとか別の表記があります。

                このドゥンヤザード、妹ということに現在ではなっているんですが、

                古いバージョンだと彼女は王の奴隷頭で、

                シェヘラザードと手を組んでいたという設定のものもあります。

                 

                なぜ王にシェヘラザードが毎晩命がけでお伽話を語るようになったのか。

                簡単に言うと、かつて愛する妃に裏切られた王が、その妃を処刑したのち、

                毎晩、違う娘を妻に迎えては翌朝処刑するということを繰り返していた。

                 

                こんな感じで裏切った↓

                 

                その王の行為を止めるために、大臣の娘であるシェヘラザードが

                自らすすんで王の妻=妃になった。

                王はシェヘラザードが夜毎に語るお伽話が面白くて、続きが聞きたいため、

                彼女を殺さずに何年も過ぎ、王は改心した。

                 

                つまり、王の女性への猜疑心や復讐心を毎晩物語によって癒し、

                やがて救済したというのが、アラビアンナイトの枠組みなんですね。

                でも、これを成功させるには二つの力が必要になります。

                一つは「お伽話の力」。

                シェヘラザードが語る物語の多くはお伽話と呼ばれるファンタジーです。

                そのファンタジーが魅力的であること。

                夜に輝く月のような物語であること。

                真夜中、人の心のうちに湧き上がる不安や狂気をなだめるためお伽話はあると

                思わせられるかが重要です。

                そして、もう一つは「語り手の力」。

                話の内容が面白いかだけじゃ人の心をつかむことはできません。

                同じ噺をやっても落語家によって面白さが違うというのと同じで、

                語り手が魅力的じゃないと、お伽話は輝きません。

                 

                お伽話と語り手の魅力、アラビアンナイトを演劇にするにあたって、

                最も重要なことはこれだと考え、台本を書き始めました。

                では、原作からどのお伽話を採用したのか、それはまた明日の夜に書きます。

                 

                【吉祥寺公演まであと8日】ラストオフ

                2017.01.12 Thursday

                0

                  Theatre Ortの小林至です。
                  子どもとおとながいっしょに楽しむ舞台 『音楽劇 アラビアンナイト』の吉祥寺シアター公演の稽古が始まったと思ったらもう一週間前!まだ多少チケットに余裕があります。お子様連れでも、大人お一人で来られても充分楽しんでいただけます。心より皆様のご来場をお待ちしております。

                   

                  さて、正月明けということもありましてね。稽古場はメンバーからのお土産で賑わっております。
                  カステラだの、かるかんだの、洋梨のクッキーだの、みかん鯛せんべいだの。ありがたいことです。

                   

                  私はというと数年ぶりの浅草寺でのおみくじで「凶」を引きました。

                   

                  願い事はかなわないし、病は長引くし、失せ物は出てこないし、待ち人は来ないし、旅行には行かない方いいし、身内から訴えられるとのこと。でも引っ越しはそこそこ良く、恋愛は良くも悪くもないとのこと。

                  …。

                  まぁ、これ以上悪くなることはないと思って、一週間後の初日に向けて頑張ります!

                   

                  『音楽劇 アラビアンナイト』、乞うご期待。

                  役者紹介1人目:あきやまかおる→平佐喜子(Theatre Ort)

                  2017.01.12 Thursday

                  0

                     

                    役者紹介1人目は、あきやまかおるが平佐喜子さんを紹介します!

                     

                     

                    平とは、2005年のOrt公演で初共演して以来の付き合いになります。

                    あの頃はお互い客演でしたが、

                    平は今シアターOrt(今回の公演の演出家倉迫さんの劇団)の劇団員となり、

                    俳優以外のお仕事も忙しく頑張っています。

                    そんな彼女と久しぶりの共演!しかも姉妹役なのです(^-^)

                     

                    平演じる"シェヘラザード"は、

                    妃を娶っては殺してしまう非情な王の元へ嫁ぎます。

                    しかし毎夜毎夜おとぎ話を語ることで、

                    続きが聞きたい王は彼女を殺すに殺せず、

                    その命を繋いでいたという勇敢で頭の良い女性。

                    (これを知ってから観劇するとより楽しめること請け合いです!)

                     

                    平自身は、背も高く手足も長い色白美人なのに、

                    ちょっとおっとりのんびりしている女優さんなので、

                    そんな彼女がこの役柄をどう演じるのかも見どころではないでしょうか!(笑)

                     

                    いろんな女優さんと共演してきていますが、

                    平とはなんというか、空気を共有するのに無理がないなあ、

                    息がしやすいなあ、という感覚があります。

                    居心地のいい女優さんです(^-^)

                     

                    今回久しぶりに共演するにあたって、

                    稽古が進むにつれ気付いたのは

                    「あ。この人、性格がすごくいいんだ。」ということ!

                    なんか漠然とそう思ったんです(笑)

                     

                    2005年のあの時から

                    こうやって遠からずステージに立ち続けているもの同士ですので、

                    実際舞台上では隣に立っていたりもしますが、

                    彼女のシェヘラザードが今回どう輝くのか楽しみにしているひとりでもあります。

                     

                    これを読んでいる方にも是非、

                    劇場で時を超えまた共演私たちを見届けにいらして欲しいです。

                    …他にもたくさんスペシャルな俳優さんたちがおりますがねっ(^_-)☆


                    あきやまかおる

                    【吉祥寺公演まであと9日】稽古再開2日目!

                    2017.01.11 Wednesday

                    0

                      こちらのブログではお初にお目にかかります。
                      劇団員の竹原千恵と申します。
                      あれ、増えた?とお思いの方。2016年4月18日のブログを参照ください。

                      さて。
                      昨日のブログで倉迫さんが「毎日更新宣言」をしたので、みんないろいろブログネタを探しています。

                      村上さんはどんなことを書くんでしょうね。乞うご期待。




                      やっぱりお伝えしたいのは稽古風景。 稽古風景を隠し撮り。



                      そしたら藤谷さんが入り込んできたり




                      なんの稽古をしているか、立川公演をご覧になった方はわかるでしょうか?
                      ここに音楽が入って楽しくなっちゃう、あのシーンの稽古です。 吉祥寺シアターに向けて、完成度が上がってますよ。


                      最後に、私の落ち着く場所になりつつあるところの写真を1枚。



                      ここで舞台からのパワーをもらったりどきどきしたりリラックスしたりしています。