スポンサーサイト

2018.12.19 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    『わが友ヒットラー』スペシャル企画第一弾発表!

    2013.03.14 Thursday

    0
      主宰・演出の倉迫です。
      ともに「CoRich舞台芸術まつり!2013春」の一次審査通過団体であり、
      同じ時期に若き日のアドルフ・ヒットラー(ヒトラー)を描いた作品を上演する
      劇団チョコレートケーキさんと共同企画を行うことになりました。
      チョコレートケーキさんの『熱狂』がヒットラーが総理になるまでを、
      『わが友ヒットラー』はヒットラーが総理からさらに独裁者への道を歩みだすまでを描いています。
      こんな偶然はめったにないということで、ぜひ二本とも観ていただきたく存じます。
      以下、詳細です。

      〜CoRich舞台芸術まつり!2013春 一次審査通過
      <劇団チョコレートケーキ>×<Ort-d.d>共同企画〜

      劇団チョコレートケーキとOrt-d.dは同時期に"ヒットラー"を扱う作品を上演するにあたって、共同企画を実施します!違ったヒットラーが観れちゃうかも!?

      サンモールスタジオ特別提携公演
      劇団チョコレートケーキ
      「熱狂」
      「あの記憶の記録」
      【日程】3/23(土)〜3/31(日)
      【会場】新宿サンモールスタジオ
             ×
      Theatre Company Ort-d.d 7th Tour
      「わが友ヒットラー」
      【日程】3/27(水)〜3/31(日)
      【会場】下北沢駅前劇場

      ★トーク開催します!
      3月23日(土) 劇団チョコレートケーキ「熱狂」19:00◆アフタートーク
      ゲスト:倉迫康史(Ort-d.d)
      3月29日(金) Ort-d.d「わが友ヒットラー」19:00◆プレトーク(開演前18:15〜18:40/予定)
      ゲスト:古川健(劇団チョコレートケーキ)

      ★半券割引 実施!
      公演のチケットの半券をお持ちの方は、500円引きになります!
      ※各公演のチケットの"半券"を、必ず当日受付にお持ちください。"半券"をお持ちでない場合、通常料金になりますのでご注意ください。
      ※劇団チョコレートケーキ「熱狂」と「あの記憶の記録」間は半券割引はございません。

      〜例えば、
      劇団チョコレートケーキ「熱狂」もしくは「あの記憶の記録」の半券を
      Ort-d.d「わが友ヒットラー」に持って行くと4000円(前売・当日共)→3500円
      また
      Ort-d.d「わが友ヒットラー」の半券を
      劇団チョコレートケーキ「熱狂」もしくは「あの記憶の記録」に持って行くと
      3000円(前売)→2500円
      3300円(当日)→2800円

      CoRich舞台芸術まつり2013春

      2013.02.22 Friday

      0
        速報です!!!!




        応募させていただいた
        『CoRich舞台芸術まつり2013春』の、
        最終審査に残りました!!

        ☆CoRich舞台芸術まつりについてや、
        選出された、あとの9団体に関しましてはこちらをご覧ください。
        http://stage.corich.jp/festival2013/index.php




        CoRichの選出団体紹介のページに、Ort-d.dの選評が載っていたので、ここに紹介させていただきます。





        太宰治、三島由紀夫などの近代文学や児童文学の名作を題材に、緻密かつ知的な演技、空間構成の演劇を立ち上げるOrt-d.d。にしすがも創造舎のアソシエイト ・アーティストでもあるベテランカンパニーが、初めての民間劇場での公演で、若手劇団が集う「CoRich舞台芸術まつり」に参戦! それもこれほどまでに骨太 な戯曲を手に。その気概に打たれました。やみくもに「いま・ここ」を消費するのではない、歴史/演劇史 を参照しながら自らの立つ場所を探る「現代劇」を、 ここに集う若者たちに、しかと見せてやってください 。 (鈴木理映子)




        嬉しい選評に、思わずみんなで喜びの盃を交わしました。



        演出・役者みんなが40代です。


        そこにあるのは、若い人が負けんばかりの熱さ、厚さです。




        参加の有無に関わらずですが、


        謙虚にわれわれの正義の闘争を。





        札幌公演は扇谷記念スタジオ・シアターZOO、
        東京公演は下北沢駅前劇場でその闘争をおこしていきたいと思います。



        日本の二ヶ所で、この作品を響かせることができる幸せ。




        みなさまに観ていただきたいです。




        カンパニー一同、劇場でお待ちしております!


        公開稽古のお知らせ

        2013.02.20 Wednesday

        0


          お世話になっております。
          シアターカンパニーOrt-d.dです。

          いつも稽古場ブログで『わが友ヒットラー』情報をご覧いただきありがとうございます。



          Ort-d.dでは3月8日~10日に札幌・シアターZOO、
          3月27日~31日に東京・下北沢駅前劇場で

          三島由紀夫の問題作『わが友ヒットラー』の上演を行います。


          演出は倉迫康史(Ort-d.d)、
          出演に村上哲也(Ort-d.d) 、三村聡、
          スズキシロー(A.C.O.A.)、八代進一(花組芝居)。



          現在、鋭意製作中のこの作品の稽古場公開を行います。

          各日先着10名の方をご招待いたします。



          〈公開稽古日時〉

          2月26日(火)、28日(木)、3月1日(金)の19:00-21:30。


          〈場所〉

          にしすがも創造舎
          (都営三田線西巣鴨駅徒歩1分)

          *18:30ににしすがも創造舎の1階入り口に集合してください。


          公開稽古に参加を希望される方は、下記のメールアドレスへ
          【お名前、参加希望の日時、参加人数】
          を明記の上、各稽古日の前日までにご連絡ください。

          なお途中入場・退場はご遠慮ください。



          Ort-d.d(オルト・ディー・ディー)
          ortdd@amail.plala.or.jp



          連絡お待ちしております。

          WeLove札幌!パート2(Ort-d.dメディア露出情報)

          2013.02.20 Wednesday

          0


            札幌のみなさまに、更なるメディア露出のお知らせです!





            株式会社あるた出版が発行している
            月刊誌「O.tone(オトン)」に、



            Ort-d.d『わが友ヒットラー』の情報が掲載されています!

            http://www.alter.co.jp/





            (公式サイトから引用)

            『O.tone』は、
            おやぢ世代(40〜50代)からの情報を元に構成される「札幌を楽しむための情報誌」である。

            「もっと札幌生活をエンジョイしよう!どんどん街に繰り出そう!」をキーコンセプトに、実用的で多彩な編集コンテンツをお届けしようと思う。




            というコンセプトの雑誌で、

            2月15日発売号の中の、
            「オトン エンタメ エンターテインメント情報」で紹介されています。

            ぜひお手にとってみてください。





            そして………



            本日の「朝日新聞夕刊(北海道版)えるむ」でも公演が紹介されています!

            こちらはチケットプレゼントも行っています。



            札幌公演のご予約は、こちらの予約フォームからも承り中です!


            CoRichチケット(PC、モバイル)
            <札幌公演 >

            http://ticket.corich.jp/apply/42511/



            詳しくは、ブログ記事の一番上にある『わが友ヒットラー情報』にも載っております。

            ご予約お待ちしております!

            図書館と劇場

            2012.08.03 Friday

            0
              夏休み、小学校5年生の娘は図書館に通っています。
              本好きは俺の血だなあと思いながら、
              今年からメガネをかけるようになった娘の本を読む猫背を
              複雑な気持ちで眺めたりしています。

              こんにちは、主宰・演出の倉迫です。
              先日のOrt-d.dの本公演では坂口安吾を原作にした作品を上演したり、
              子どもに見せたい舞台シリーズでは世界的な児童文学の名作を上演したりと、
              僕の頭の中では、図書館と劇場は一直線につながっています。
              図書館が好きな子やかつて図書館が好きだった人が劇場に来るといいなというのは、
              僕が演劇作品を創る大きな動機の一つです。
              (もちろんプールや遊園地が好きな子供たちや大人たちも大歓迎ですよ!)

              そんな僕ですから、今度のドリトルの上演会場である池袋の「あうるすぽっと」には、
              並々ならぬ思い入れがあります。
              なぜなら劇場の上に豊島区立中央図書館があるからです!
              あの図書館、好きなんですよね〜。
              以前、上演したことのある山口市情報芸術センターもそうでしたが、
              図書館と劇場が隣接していることは様々な可能性を感じさせます。
              図書館と劇場はもっともっとコラボレーションできると思います。

              +++++

              そして実は、Ort-d.dはこの夏、ドリトルのほかにもう一つ、
              別のプロジェクトを進行させているんですが、
              そのプロジェクトとは「所沢市の図書館で朗読劇上演!」です。

              今年の2月に文京区千石図書館で『銀河鉄道の夜』を上演したのが縁で、
              所沢市の図書館の分館三館で終戦記念朗読劇を上演することとなりました。

                4(土) 所沢市富岡分館
                5(日) 所沢市椿峰分館
              11(土) 所沢市吾妻分館

              すべて14時開場、14時15分開演。上演時間は70分ほどです。

              ドリトル出演の劇団員はさすがに無理なので、
              山の手事情社の山田宏平さんと、新人劇団員の名倉歩美が出演します。

              終戦記念のテーマとして「平和祈願」を先方から提示されましたので、
              「1944年」をキーワードに、宏平さんが大岡昇平の『野火』を、
              名倉が『アンネの日記』を、そして二人で『星の王子さま』を読みます。

              『野火』の舞台は1944年のフィリピンの熱帯雨林、
              『アンネの日記』の舞台は1944年のオランダ・アムステルダム、
              そして『星の王子さま』は1944年に一人偵察機で出撃して帰らぬ人となった、
              サンテグジュペリの祈りが詰まった作品です。

              1944年の夏、
              大岡昇平は戦火の中におり、
              アンネは8月5日にナチスの秘密警察に捕まり、
              サンテグジュペリは7月31日に大空で散った。
              そんな69年前の夏に思いを馳せる朗読劇です。

              +++++

              図書館と劇場を、
              あるいは図書館を劇場に、
              あるいは図書館から劇場へ、
              この二つを様々な形で結び付ける活動を今後も展開していきたいと考えています。
              本好きを演劇好きにしたい、ですね。



              ドリトル先生と動物たち〜8月公演〜

              2012.05.02 Wednesday

              0



                『ドリトル先生と動物たち』

                この前もチラっと紹介しましたが

                5月は桐蔭学園さん。
                (学校関係者のみ)

                6月は日暮里サニーホール。

                そして8月は!
                池袋にあります、

                あうるすぽっと

                にて上演いたします!


                以下詳細。

                子どもに見せたい舞台vol.6
                『ドリトル先生と動物たち』

                日程:2012年8月10日(金)〜16日(木)

                会場:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

                原作:ヒュー・ロフティング「ドリトル先生航海記」
                台本・演出:倉迫康史

                キャスト
                村上哲也 平佐喜子 渡辺麻依 金子由菜(以上、Ort-d.d)井上貴子(双数姉妹)
                小林至(双数姉妹) 佐藤円 谷口直子(Divadlo501)三橋麻子 三村聡 八代進一(花組芝居)

                2012年7月初旬、チケット発売開始!

                開演時間などは後日こちらのブログでもお知らせさせていただきます。

                毎年夏に上演され、まさに夏の風物詩にもなっております『子どもに見せたい舞台』

                今年はにしすがもを飛び出して上演されますので、たくさんの子ども達はもちろん、大人の皆様にもぜひ観に来ていただきたいです。


                2012年、ドリトル先生と動物一座の旅公演は今年は長くなりそうです。


                どうぞ、よろしくお願いいたします。

                ドリトル先生と動物たち〜公演詳細〜

                2012.04.25 Wednesday

                0


                  本日は稽古オフ。
                  みなさんゆっくりお休みになっているのでしょうか。

                  あらためて公演の詳細を。


                  子どもに見せたい舞台 in あらかわ
                  『ドリトル先生と動物たち』




                  【原作】
                  ヒュー・ロフティング
                  「ドリトル先生航海記」
                  【翻訳】
                  井伏鱒二
                  【台本・演出】
                  倉迫康史

                  【キャスト】
                  村上哲也
                  平 佐喜子
                  渡辺麻依
                  金子由菜
                  井上貴子(双数姉妹)
                  小林至(双数姉妹)
                  佐藤円
                  谷口直子(Divadlo501)
                  三橋麻子
                  三村聡
                  八代進一(花組芝居)

                  【公演日時】
                  2012年6月10日(日)
                  12時開演(11時30分開場)
                  17時開演(16時30分開場)

                  ※受付開始/当日券の発売は開演の1時間前です。

                  【料金】日時指定/全席自由
                  ■大人:1,500円
                  ■子ども:1,000円(中学生以下)
                  ■3歳未満:無料 ※保護者のお膝の上の場合。お席が必要な場合は有料。0歳から入場可能。

                  【チケット取り扱い】
                  ■町屋文化センター:03-3802-7111
                  ■日暮里サニーホール:03-3807-3211
                  ■ラボンヌ・オカモト:03-3801-4725

                  【会場】
                  日暮里サニーホール
                  (東京都荒川区東日暮里5-50-5 ホテルラングウッド4階)
                  TEL:03-3807-3211

                  ※JR・京成 日暮里駅前より徒歩2分。

                  【協力】
                  シアターカンパニーOrt-d.d、にしすがも創造舎
                  【企画・制作】
                  NPO法人アートネットワーク・ジャパン
                  【製作】
                  としま文化創造プロジェクト実行委員会
                  【主催】
                  (公財)荒川区芸術文化振興財団
                  【共催】
                  荒川区


                  どうぞ、よろしくお願いいたします。

                  公演情報

                  2012.04.17 Tuesday

                  0




                    子どもに見せたい舞台 in あらかわ
                    『ドリトル先生と動物たち』

                    【原作】
                    ヒュー・ロフティング
                    「ドリトル先生航海記」
                    【翻訳】
                    井伏鱒二
                    【台本・演出】
                    倉迫康史

                    【キャスト】
                    村上哲也
                    平 佐喜子
                    渡辺麻依
                    金子由菜
                    井上貴子(双数姉妹)
                    小林至(双数姉妹)
                    佐藤円
                    谷口直子(Divadlo501)
                    三橋麻子
                    三村聡
                    八代進一(花組芝居)

                    【公演日時】
                    2012年6月10日(日)
                    12時開演(11時30分開場)
                    17時開演(16時30分開場)

                    ※受付開始/当日券の発売は開演の1時間前です。

                    【料金】日時指定/全席自由
                    ■大人:1,500円
                    ■子ども:1,000円(中学生以下)
                    ■3歳未満:無料 ※保護者のお膝の上の場合。お席が必要な場合は有料。0歳から入場可能。

                    【チケット取り扱い】
                    ■町屋文化センター:03-3802-7111
                    ■日暮里サニーホール:03-3807-3211
                    ■ラボンヌ・オカモト:03-3801-4725

                    【会場】
                    日暮里サニーホール
                    (東京都荒川区東日暮里5-50-5 ホテルラングウッド4階)
                    TEL:03-3807-3211

                    ※JR・京成 日暮里駅前より徒歩2分。

                    【協力】
                    シアターカンパニーOrt-d.d、にしすがも創造舎
                    【企画・制作】
                    NPO法人アートネットワーク・ジャパン
                    【製作】
                    としま文化創造プロジェクト実行委員会
                    【主催】
                    (公財)荒川区芸術文化振興財団
                    【共催】
                    荒川区

                    ドリトル先生と動物たち

                    2012.04.06 Friday

                    0



                      今月から5月、6月、そして夏頃にと3ヶ所で公演予定の、子どもに見せたい舞台『ドリトル先生と動物たち』の稽古が始まりました。

                      この作品は再演になるんですが、毎回キャストを入れ替えたり脚本を少しずつ変えながら上演しています。

                      今回公演を行うのは3ヶ所!
                      5月は、とある学校さんの生徒さんへ向けての公演なので学校関係者の方々しか見れません。

                      皆様にお目にかかれるのは
                      6月10日の日暮里サニーホール。

                      そしてもう1ヶ所はまだ正式に発表できないのですが夏頃を予定しています。
                      情報解禁まで今しばらくお待ちください!


                      稽古場の様子や公演情報をこのブログやTwitterで随時更新していきますので、皆々様ぜひぜひチェックしてださい!


                      それではまた(^^)


                      Twitterアカウント
                      @Ortdd_tweet


                      枝光演劇フェスティバル内「えだラボ」のご案内

                      2011.09.28 Wednesday

                      0
                        こんにちは。Ort-d.d制作部です。

                        連日、枝光演劇フェスティバルの稽古が進んでいます。SENTIVALで発表したときの「熱帯樹」とはまた違った雰囲気になりそうな今回。スタッフも本番を迎えるのが今から楽しみです。

                        さて、えだみつ演劇フェスティバルの「えだラボ」という企画で劇団員やスタッフによるワークショップや企画性の高い舞台作品を上演する時間をいただいています。

                        わたしたちは3つのワークショップと、新作公演・子どものためのしあわせをさがすおしばい「銀河鉄道の夜」の上演をします。
                        九州の地で、Ortの2代柱である、近代文学作品と児童文学作品の上演ができること、そして今までそれぞれがさまざまな場所でやってきたワークショップを一度にできるのは本当に幸せです。
                        枝光に集まったみなさんにOrt-d.dのいろいろな表情を観ていただき、繋がっていくことができたらなと思っています。

                        以下が「えだラボ」の詳細です。


                        +++
                        枝光本町商店街アイアンシアターで行われる 
                        「えだみつ演劇フェスティバル」では各参加団体が滞在中の間、 
                        作品の発表のほかに地域の方々と交流する企画「えだラボ」があります。 
                         
                        ★☆★ Re Happy プロジェクトinえだみつ! ★☆★ 
                         
                        Ort-d.dは「Re Happy プロジェクトinえだみつ」と題して、 
                        照明家:木藤歩による明かりのワークショップ、 
                        劇団員:三橋麻子による読み聞かせのワークショップ、 
                        劇団員:金子由菜による生演奏のワークショップ、 
                        そしてそれらのワークショップと関連付けた、 
                        子ども向けの演劇作品『銀河鉄道の夜』を上演します。 
                         
                        「Re Happy」というテーマには「もう一度、幸せを探そう」という意味と、 
                        「お互いに幸せを返し合おう」という意味を込めました。 
                        北九州の子どもたちやお母さんたち、演劇を通じて 
                        一緒に「自分にとっての幸せとは何か」を探してみませんか。 
                         
                         
                        〔世りを灯すワークショップ/講師:木藤歩 
                         
                        ◆日程◆10月05日(水) 16:00〜18:30 
                         
                        <連想ゲームをしながら、おまつりのあかりをつくろう> 
                        この楽器の音はどんな色だろう?味は?匂いは? 
                        「銀河鉄道の夜」で使う音楽を聞いていろんな感覚に変換、 
                        連想した色や形を使って、 お星さまのおまつりのランプをつくります。 
                        もしお家に、このままだとさびしいな、と思っている電池で点くランプがあれば 
                        ぜひお持ちください(こちらでも材料は用意します) 
                        音楽のアイディアを借りて、楽しいあかりをつくりましょう。 
                        そうして作ったランプが銀河鉄道の夜の公演に出演するかも… 
                         
                         
                        △母さんのための絵本の読み聞かせワークショップ/講師:三橋麻子 
                         
                        ◆日程◆10月06日(木) 14:00〜16:00 
                         
                        〈声と体をひと工夫。読み手が楽しむリーディングにチャレンジ〉 
                        芝居を楽しんでいる役者がいると、その舞台はとても楽しく見えます。 
                        読み聞かせもおなじ。お母さんが楽しみながら読んでいると、 
                        その楽しさは子どもたちにも、自然と伝わっていくもの。 
                        どうやったら自分が楽しく読めるのか、そのポイントになるのが声と体。 
                        このワークショップでは実際に絵本を使いながら、 
                        声や体でどんな楽しい表現が出来るかを一緒に体験していきます。 
                        自分の声や体で遊ぶコツをつかんで、新しい自分の声と体に出会ってみましょう。 
                         
                         
                        おしばいと音が出会うワークショップ/講師:金子由菜 谷口直子(Divadlo501)
                         
                        ◆日程◆ 10月07日(金)17:00〜18:30 
                         
                        〈『銀河鉄道の夜』音楽隊メンバー募集!〉 
                        お芝居を見ると、いろんな音が聞こえてきます。 
                        あの音や音楽はどうやって生まれてくるんだろう…、 
                        このワークショップでは実際のお芝居に合わせて「音」を創ります。 
                        楽器を触った事がなくても、音楽がちょっぴり苦手でも大丈夫。 
                        いろんな国のおもしろ楽器を使って、 
                        生演奏やボイスパーカッションにチャレンジ! 
                        そして最後にはプロの俳優と一緒に「銀河鉄道」の世界を旅してみませんか? 
                         
                         
                        せ劼匹發里燭瓩痢屬靴△錣擦鬚気す」おしばい『銀河鉄道の夜』(作/宮沢 賢治) 
                         
                        ◆日程・料金◆ 
                        10月07日(金)19:00〜20:00 *受付開始は開演の30分前。 
                        前売・当日ともに1,000円(中学生以下は無料) 
                         
                         
                        【ワークショップ参加、観劇申込み先】 
                        必要事項を記載の上、FAXまたはメールにてご予約ください。 
                        1.名前(ふりがな) 
                        2.性別 
                        3.年齢 
                        4.住所 
                        5.TEL/FAX 
                        6.参加希望日時 
                         
                        えだみつ演劇フェスティバル事務局 
                        FAX:093−613−6491 
                        MAIL:info@otegarugekijou.org 
                         
                         
                        【問合せ】 
                        問合せはOrt-d.dまで。なお参加申し込みも受け付けます。 
                         
                        シアターカンパニーOrt-d.d(オルト・ディー・ディー) 
                        TEL:090−6486−6196 
                        MAIL:ortdd@amail.plala.or.jp 

                        みなさまのご参加をお待ちしております!