スポンサーサイト

2018.12.19 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    赤鳥庵にて

    2008.04.08 Tuesday

    0
      「わぁ、きれい・・・」と、思わずため息。
      赤鳥庵を入ってすぐ見える庭園は、そこだけ時間の流れが違うような、非常に素敵な空間です。
      夕暮れから夜の景色へと変わる庭園と、たたみの匂い。

      日曜の稽古は、途中から初日の公演会場である赤鳥庵に移動して、稽古をしました。
      稽古をしても、いつもの稽古場とは空気が違います。
      おー、こんなにも違うのですね。と驚きました。
      ここでの公演は、空間が広い分、役者の動きを存分に見せられることが
      魅力の一つです。
      それぞれが稽古している歩きなどの動きをチェック。客席と役者がとても近いので、
      繊細なところまでもっともっと、つめていきたい・・・と、やるべきことは
      どんどん増えました。
      最近は、にしすがも創造舍の体育館や、宮崎県立劇場などの大きな劇場で
      公演していたので、例えばまばたき一つひとつをコントロールするような
      空間は久しぶり。
      鼻からの呼吸がつらいという花粉症にやられている私にとっては、
      早く花粉がなくなってくれることを祈るばかりです。

      
      写真は、歩き方の特訓中の模様。
      お互いに見せ合いながら、日々、発見です。


      チケット情報です。
      4月19日(土)model T 21:00開演 
      の公演は、残席が僅かとなっております。
      この日しか都合が合わない!という方は、早めのご予約をおすすめいたします。


      渡辺 麻依

      予約状況(4/5)

      2008.04.05 Saturday

      0
        Ort制作部です。
        現在の予約状況をお知らせします。
        (○:お席あります △:お早めにご予約ください ×:予約終了)


        12(土) 18:00  ×
        19(土) 21:00  △
        20(日) 21:00  ○
        21(月) 21:00  ○
        26(土) 14:30  ○
              18:00  △
        27(日) 14:30  ○
              18:00  ○


        どの回も当日券は若干出る予定です。

        やはり、早い日付から埋まっていってますが、
        何気に次に予約が埋まりつつあるのが 26、27日のla Grottだったりします。
        modelTはお店の都合で21時開演ですが、1ドリンクもついてオススメです!
        その後もカフェは営業しておりますので、
        お時間ある方はゆっくりしていって下さい。
        ちなみに今の所70分程度のお芝居です。

        ご予約をお待ちしております。

                                      Ort制作部*

        予約状況(4/1)

        2008.04.02 Wednesday

        0
          大変申し訳ありませんが、12日(土)赤鳥庵の回の予約を締め切らせて頂きます。
          ほかの回はまだ余裕がありますのでぜひそちらにご予約下さい。

          今回当日受付もする予定ですが、狭い会場ですのでお席が限られると思います。
          こちらとしては嬉しい悲鳴ですが、ご了承頂けます様お願い申し上げます。

          源氏物語オススメBOOK

          2008.03.30 Sunday

          0
            本番2週間を切り、作品の深いところに繋がろうとみんなで四苦八苦しています。

            さて、今回改めて作品の説明を少しだけしようかと思います。
            今回の作品のテキストにしている『しんしゃく源氏物語』は作者の榊原政常さん
            (本当は木へんに示なのですがPCだと出ないんです、すみません!!)
            が源氏物語の数ある姫の中の一人に焦点を当てた作品になってます。

            その姫が、これ
            タイラ画伯のあさきゆめみし版 末摘花
            タイラ画伯作・あさきゆめみし版 末摘花です。
            あたし読んでないから分からないのですが、どうやら似ているらしいとのこと。

            あさきゆめみしは人物の顔の区別がつかないので、私は早々に挫折したのですが、
            タイラ曰く、この人だけ顔の区別がつくそうです。
            (他の姫はいわゆる少女漫画顔です)
            不美人かつ不器用な事で有名な姫。
            今回はその姫と姫の屋敷にまつわる人々の話なのです。

            (でも姫役の人は原作のイメージの姫かっていうとそんなことなくて、
            作品も源氏のイメージかっていうとそんなこともなくて、
            まぁ、好きなようにやってます、はい。)



            それにしても「源氏」にまつわる本の多いこと多いこと。
            参考に何か読もうと思っても多すぎて何から読めばいいんだか・・・。


            そんな中で最近の私のイチオシはこれです。


            これがね〜、光源氏なのにマロンなんですよ。
            マロンなのに女達にモテモテ
            マロンなのに女達とエロエロ

            源氏物語の全編が4コマで書かれていてすごくわかりやすいんですよ。
            タイトルの通り大筋をざっと掴みつつ、マロンにホロっとさせられたり、はっ!とさせられたり・・・。

            今回は源氏がよく分からなくても大丈夫な作品になっていますが、
            もしお話をまったく知らない方、知ってる方もお暇でしたら見てみてください。
            個人的にオススメです。

            小田 さやか

            現在の予約状況

            2008.03.28 Friday

            0
              だいぶ温かい日が続くようになりましたね。
              思ったより早く桜が咲いてしまい、
              初日の赤鳥庵の頃には散ってしまうようで残念でなりません。

              さて、現在の予約状況ですが
              既に12日(土)赤鳥庵の回の予約可能人数が10人を割りました。

              この回でないと行けない!というお客様は早めにご連絡下さい。

              ほかの回はまだ余裕がありますが、すべての回お席が限られていますので
              まだ大丈夫と思っていても、急に予約がいっぱいという事になりかねません。
              お日にちが決まっていましたら、早めの予約をおすすめします。
              今後もこちらで予約状況をお知らせします。

              出演者共々首をなが〜〜くしてお待ちしております。

              考える葦である

              2008.03.27 Thursday

              0
                考える人々2

                最近の私はいろんなものと闘っている。

                花粉症。
                つらい。とにかくつらい。目は痒いし、鼻水はとまらないし。
                ズルッ、じゅるる、ずびっ、シュッツシュッツ、ふぅぅひゃっくしょしょん。
                稽古場に響きわたる、私の花粉症オノマトペ。
                本番までになんとか終わらせたいものである。

                睡魔。
                春眠暁を覚えず・・・。眠い。とにかく眠い。
                しかしやらねばならぬことが山のようにある毎日。寝る間も惜しい。
                だから最近は昼休みにちょこっとだけ眠ることにしている。
                本当にわずかの時間ではあるが、コレが効果あり!頭も体もシャキーンと回復。

                でも今日は昼寝をやめて散歩に出てみたら・・・。
                あったあった、見つけました。桜が見事に咲いていました!
                都会の真ん中?の癒しスポットなのか???昼休み中らしきサラリーマンやOLさんで
                にぎわっておりました。

                そして作品と闘う。考える。とにかく考える。
                源氏を、現代を、平安を、男を、女を。考えてはトライし、壊し、再考して再トライ。
                稽古初期の頃は、あまりにも考えすぎたためか、頭が重くて重くて。
                もっと普段から「考える」という行為をきちんとやらねばと猛反省。
                きっとみんなもそう思ったはず。


                さて、本日より稽古は次なる段階へ突入いたしました。
                細かく緻密な作業が続いていきます。思うようにいかず、時に奇声をあげる者もおり。
                1シーンごとにじっくりと時間をかけて、丁寧に創り込んでいきます。
                桜の花のごとく乱れ咲き、狂い咲き、そんなOrt版源氏絵巻を目指し、
                日々格闘の毎日です。

                三橋

                もんもん。 そして混乱。

                2008.03.25 Tuesday

                0
                  ついに桜が開花!?
                  と思ったらこの雨、この寒さ。
                  でも、ちょっと嬉しい。赤鳥庵公演に何とかかかってくれ!桜!

                  稽古はついに、動きつけが最後まで終わりました。(もちろん、赤鳥庵バージョン。)
                  ふぅ〜っと一息つく暇は・・・もちろんありませんが(あぁ〜!)、とりあえず一段落
                  です。
                  最近自分は「状態」をつくり出す難しさに、もんもんとしています。
                  いきなり「状態」と言われても、何のこと? と思われると思いますが、今回の公演で
                  とても重大な意味を持つテーマなのです。
                  当たり前ですが、平成に生きる自分はリアルな平安人にはなれない。
                  恋愛は自由にできるし、肉もたべるし、努力すれば、ある程度は自分の好きな職業にも
                  つけるし。
                  平安人の役者だって、きっと平成人にはなれない(笑)
                  どんなに頑張っても、それは「想像」でしかないわけで。
                  だけどこの「想像」が間違ってるかは、本当の所誰にも判断がつかないのではないかと
                  私は思うのです。
                  ・・・。 う〜ん、自分の混乱っぷりが文章にあらわれてるなぁ・・・
                  役者の「想像」が、おもしろい「創造」となって、うまく「状態」に結びつけられれば
                  何かうまくいくんではないかと、ただ今模索中です。

                  日誌タイトルは「混乱」。
                  多少の混乱っぷりはお許し下さいませ!

                  金子 由菜


                  ↓出来上がったチラシです♪

                  本日はミーティング

                  2008.03.20 Thursday

                  0
                    …の予定が「稽古もやります」
                    まぁ残りの稽古時間を考えたらそりゃそうですよね。
                    てなわけでなんと今日の稽古場には今回は出演されない、ortの希少な男優陣、村上さんと岡田さんがいらっしゃいましたっ!!普段は女子ばかりの稽古場の雰囲気が変わります♪

                    本日から第一の会場、赤鳥庵を想定した立ち稽古にはいりました。赤鳥庵でやれるのは1回だけ。赤鳥庵は個人的にも思い入れのある好きな場所です。今回は会場が毎週変わるということで、大変は大変なんでしょうけどそれ以上にわくわくしていますっ!!もちろん劇場も好きですが、そうでない場所でやることに無性に惹かれる私にとってはすごく贅沢な企画ですっ!!
                    ぜひ会場と共に変化していくであろう私たちの「しんしゃく源氏物語」、何度でも観に行らしてください★
                    杉村誠子

                    本読み、そして言葉

                    2008.03.16 Sunday

                    0
                      今日は春の暖かさ。
                      にしすがも創造舎に入る道を歩いていると、梅の花びらが散り始めているのを見ました。まあ。

                      役が決まり、今日から本格的な読み合わせに入りました。
                      と言っても、身体の「状態」をつくりながら、一つひとつのセリフの解釈などを確認しながらの読み合わせ。なので、数ページでも時間はどんどん進んでいきます。

                      台本は、すでに書き込みでいっぱい。真っ黒です。
                      これまでみんなで戯曲分析をしてきたので、そのメモがたくさん書いてあるのです。
                      今回、それぞれが戯曲を読んで登場人物について思ったこと等を言語化するという作業もしています。
                      だから、稽古場の壁や窓にはそれらを書いた紙と言葉で埋め尽くされています。言葉にすると、
                      頭の中でモヤモヤして曖昧だったものが明確になるし、あれ何だったっけ?というような事態に
                      ならずに記憶の糸が切れないです。

                      言語化するといえば、今日は他者との共有に「オノマトペ」を使いました。
                      本日の春陽気とは全く違うような冬の「寒い」シーンがあるのですが、
                      どういう寒さなのかがそれぞれの演者で違う認識なのではないかということになりまして。
                      チクチクとか、ぞーっと、などとそれぞれ表現してみたのですが、確かに寒さの感覚もいろいろあって
                      オノマトペだとその感覚を共有しやすいツールなのかも、ということです。
                      日本語っておもしろいですね。


                      本日、公演チラシが届きました。
                      早くみなさんのお手元に届くように、パッパとささっとはきはきと動いていきます。
                      うーん、このオノマトペは違うなぁ。

                      渡辺 麻依




                      本番まで後一ヶ月きりました!

                      2008.03.14 Friday

                      0


                        日中が随分と温かくなってきました。
                        梅が満開ですね。
                        そろそろ散っている所もあるそうで。
                        稽古場では、花粉症が猛威を奮っております。
                        春なんですねぇぇ。

                        さて、初日まで1ヶ月をきりましたが、
                        ここ二日ほど、稽古では台本を一切やりませんでした。
                        1ヶ月…きってます。

                        しかし台本をやらずとも、やる事は山ほどあるのです。
                        『しんしゃく源氏物語』を今自分達がやるにあたって、
                        どのような状態の人達として存在していたら面白いのか。
                        その「状態」はそもそもどうやったら作り出せるのか。
                        ってか「状態」ってなんだ。と、
                        稽古場では「言語化する」という作業がひたすら行われております。
                        「言語化する」という事は、「発見する」という感覚にとても似ていて面白いのです。

                        ところで、
                        私は病院で「チクチク痛いですか?ズーンっていう痛みですか?」
                        などと聞かれる度に
                        『私のチクチクとこの人のチクチクは違うかもしれない…っ』と、
                        ちょっとドキドキするのですが、
                        …それは多分言語化云々とは違う話ですね。
                        でも、外国でも同じような聞き方をするんだろうか。

                        あ、ちなみに今日から台本に戻りました。キャスティングが決まりましたよ(?)!

                        平 佐喜子